健康保険組合の案内
健康保険ガイド就職したら保険証をなくしたとき子供が生まれたとき扶養家族について病気やけがをしたとき交通事故にあったとき退職したとき70歳になると後期高齢者医療制度について介護保険について死亡したとき医療費について
健康管理事業の案内
健保Q&A
各種届出・申請書
個人情報の取扱について
保養所/施設情報
家具健保共済サービス 関連サイト ホーム
お問い合わせ
TEL 03-3833-6161(代表)
FAX 03-3835-4428
〒113-8511
東京都文京区湯島3-24-5

こんなときは

子供が生まれたとき
被保険者または被扶養者が出産したときには、一時金や手当金が支給されます。
被保険者
出産育児一時金
「産科医療補償制度」に加入している分娩機関で出産(妊娠22週目以降の死産を含む)した場合は、1児につき420,000円。この制度に加入していない分娩機関で出産した場合、および妊娠12週以上22週未満の死産・流産の場合は404,000円(平成27年1月1日より)が支給されます。
給付額
出産育児一時金1児につき420,000円(限度額)
出産手当金
出産日(出産が予定日より遅れた場合は出産予定日)以前42日(多胎妊娠は98日)と出産日後56日、計98日間の範囲で(出産が遅れた日数分は産前にプラスされます)、仕事を休み給料を受けられない期間、出産手当金が受けられます。給料が受けられてもそれが出産手当金より少ないときは、その差額が受けられます。
給付額
出産手当金 1日につき支給開始月を含む直近の12ヵ月の各月の標準報酬月額を平均した額÷30の3分の2
〔給付の手続き〕出産手当金
「出産手当金請求書」に医師または助産師の証明をしてもらい、事業主経由で健康保険組合に提出します。
被扶養者
家族出産育児一時金

被保険者と同様に、1児につき420,000円を限度に支給されます。

給付額
家族出産育児一時金1児につき420,000円(限度額)
出産育児一時金の直接支払制度の導入
安心して出産できる環境を整備するという観点から、分娩機関が被保険者に代わり出産育児一時金の請求を健康保険組合に行い、健康保険組合が出産育児一時金の支給額の範囲内で直接分娩機関に支払う制度が導入されました。
これまで、原則として出産に要した費用は、いったん全額お支払いいただき、出産後に被保険者から健康保険組合に出産育児一時金の申請をしていただくこととしていましたが、直接支払制度の導入により多額の窓口負担がなくなりますので、費用の面で安心して出産にのぞむことができます。
〈直接支払制度の利用方法〉
直接支払制度を希望される場合は、分娩機関が被保険者に代わり出産育児一時金を健康保険組合へ請求します。直接支払制度利用について健康保険組合への連絡は必要ありません。
・ 出産費用が出産育児一時金の範囲内の場合は、「出産育児一時金内払金支払依頼書」に必要事項を記入し、分娩機関から交付された費用の内訳が記載された領収・明細書の写しを添えて、事業主経由で健康保険組合あてに提出して下さい。
・ 直接支払制度を希望されない場合、または直接支払制度を利用することができない分娩機関で出産する場合は、いったん費用を全額支払い、出産後に「出産育児一時金請求書」に、分娩機関から発行される直接支払制度を利用していない旨の「合意文書」と「出産費用の領収書の写し」を添えて、事業主経由で健康保険組合あてに提出してください。
※このほかに「受取代理制度」があります。被保険者等が医療機関等を受取代理人として出産育児一時金を健康保険組合に事前に申請し、医療機関等が被保険者等に対して請求する出産費用の限度として、被保険者等に代わって出産育児一時金等を受け取る制度です。医療機関等への申請は不要です。出産費用が420,000円未満で収まった場合は、健保組合より差額が支給されます。
産前産後期間中の保険料を免除
被保険者の方が産前産後の期間は、申請により保険料が免除されます。事業主が「産前産後休業取得者申出書」を健康保険組合に提出することで、被保険者と事業主の負担分の保険料が免除されます。
育児休業期間中の保険料を免除
被保険者の方が育児休業中の期間は、申請により保険料が免除されます。事業主が「育児休業取得申請書」を健康保険組合に提出することで、被保険者と事業主の負担分の保険料が免除されます。
子どもが生まれたら被扶養者の届出を
子どもが生まれたりして扶養家族が増えたときには、その家族も健康保険から給付を受けられます。「被扶養者(異動)届」を事業主経由で健康保険組合に提出し、「被扶養者」の認定を受けてください。
産科医療補償制度について
 制度に加入している機関で出産すると、赤ちゃんが脳性まひとなった場合に総額3,000万円の補償金が支払われる「産科医療補償制度」が平成21年1月からスタートしました。加入分娩機関で出産することが条件となりますので、分娩機関が制度に加入しているか必ず確認してください。制度に加入している分娩機関の一覧はこちらより確認することができます。
◆産科医療補償制度についてのお問い合わせは
財団法人日本医療機能評価機構  03-5800-2231
受付:9:00〜17:00(土日・祝日を除く)
◆加入分娩機関などの情報については
http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/
届出・申請書
出産手当金請求書[PDF版](A3横用紙)
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R)AcrobatReaderが必要です。お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。