健康保険組合の案内
健康保険ガイド就職したら保険証をなくしたとき子供が生まれたとき扶養家族について病気やけがをしたとき交通事故にあったとき退職したとき70歳になると後期高齢者医療制度について介護保険について死亡したとき医療費について
健康管理事業の案内
健保Q&A
各種届出・申請書
個人情報の取扱について
保養所/施設情報
家具健保共済サービス 関連サイト ホーム
お問い合わせ
TEL 03-3833-6161(代表)
FAX 03-3835-4428
〒113-8511
東京都文京区湯島3-24-5

こんなときは

交通事故にあったとき
健康保険組合が一時医療費を立て替える
相手のある自動車事故(第三者行為)によるけがの場合は、基本的には双方の自動車保険で処理することになります。
健康保険で治療した場合は、健康保険組合が一時立て替えた後に、加害者(自賠責保険・任意保険の会社)に請求することになります。
できるだけ早く「第三者行為による傷病届」を
自動車事故の場合、自賠責保険や任意保険などの自動車保険が被害者の医療費を補償するのが一般的です。ですから、健康保険で医療の給付を受けると、健康保険組合は加害者や保険会社に医療費を請求することになります。その際、健康保険組合は、届出がないと、第三者行為による病気やけがであることがわからないので、医療費を皆さまの保険料から支払うことになってしまいます。そうならないためにも、できるだけ早く「第三者行為による傷病届」を健康保険組合に提出する必要があります。
なお、損害保険会社が書類を作成した場合は、必ず内容を確認した上で署名・捺印をしてください。
届出・申請書
※指定した用紙サイズで印刷してください。
第三者行為による傷病届[PDF版](A4用紙)
第三者行為 誓約書[PDF版](A4縦用紙)
第三者行為 念書[PDF版](A4縦用紙)
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R)AcrobatReaderが必要です。お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。