健康保険組合の案内
健康保険ガイド就職したら保険証をなくしたとき子供が生まれたとき扶養家族について病気やけがをしたとき交通事故にあったとき退職したとき70歳になると後期高齢者医療制度について介護保険について死亡したとき医療費について
健康管理事業の案内
健保Q&A
各種届出・申請書
個人情報の取扱について
保養所/施設情報
家具健保共済サービス 関連サイト ホーム
お問い合わせ
TEL 03-3833-6161(代表)
FAX 03-3835-4428
〒113-8511
東京都文京区湯島3-24-5

こんなときは

70歳になると
自己負担割合と自己負担限度額
70歳以上の方は、自己負担割合や自己負担限度額が異なります。
患者の区分 個人単位
外来・訪問看護
世帯単位
(入院および外来等を含む)
現役並み
所得者
3割負担 *1
自己負担限度額
44,400円
自己負担限度額80,100円+(医療費-267,000円)×1%
(多数該当のときは44,400円)
一般 2割負担 *2
自己負担限度額
12,000円
自己負担限度額
44,400円
低所得者II 1割負担
自己負担限度額
8,000円
自己負担限度額24,600円
低所得者I 1割負担
自己負担限度額
8,000円
自己負担限度額15,000円
*1 現役並み所得者とは、70歳以上の被保険者で診療月の標準報酬月額が28万円以上の人と、その被扶養者で70歳以上の人をいいます。ただし、年収が520万円(70歳以上の被扶養者がいない場合は383万円。後期高齢者医療の被保険者となったため被扶養者でなくなった人がいる場合は520万円)に満たない旨を健保組合に届け出た場合は、現役並み所得者(3割)と判定されず1割負担となります。
*2 誕生日が昭和19年4月1日以前の人で、現役並み所得者に該当しない人は軽減特例措置の対象となるため、自己負担割合は1割です。
※ 低所得者U は、住民税非課税世帯です。
※ 低所得者I は、世帯員全員が住民税非課税であって、収入が一定基準以下の方です。
年齢により制度が異なります
後期高齢者医療制度
75歳(一定の障害があると認定された人は65歳)以上の方はすべて、それまで加入していた医療保険からはずれ、後期高齢者医療制度に加入します。
高齢受給者
70〜74歳の方は、後期高齢者医療制度の対象(75歳以上)になるまで、引き続き加入している医療保険(当健保組合に加入している方は当健保組合)から給付を受けます。
手続
(以下は当健保組合に加入されている場合)
手続 70〜74歳の方 75歳以上の方
受診の方法 医療機関の窓口で被保険者証と高齢受給者証(※)を提示 後期高齢者医療被保険者証
申請等の窓口 当健保組合 お住まいの市区町村
※ 当健保組合より交付します。